タイヤ交換前に必見!レクサスタイヤナビ

ランフラットタイヤ情報

ランフラットタイヤ断面

ランフラットタイヤとは、パンクをしても所定のスピード内であれば、そのまま100 km程度の距離を走ることができるタイヤのことです。

そのため例えば高速道路でパンクをしても、安全にタイヤ交換ができる場所まで走行することができるわけです。

また、従来の車のようにスペアタイヤを装備する必要がないため、車内のスペースを有効に活用できたり、車両重量も軽くなるので燃費も向上するといった効果もあります。

登場以来、日進月歩で性能が向上しているランフラットタイヤですが、その構造上、どうしても乗り心地の硬さを感じることもあるため、 タイヤ交換時に一般的なラジアルタイヤに変えてしまうケースも多くみられます。

また、価格面でも割高でタイヤ交換の際にも、ランフラットタイヤ対応のタイヤチェンジャーを持ったショップでないと 交換作業ができないといったこともランフラットからラジアルへの変更を助長している要素といえます。

とはいえ、高速道路でのロングドライブが主体のドライバーであれば、不意なパンクの場合でも安全にタイヤショップまで 走行できる安心感は何物にも代えがたいものです。

結局のところ、自分のドライビングスタイルや車に対してどのような性能を求めるのかによって、 ランフラットタイヤか、あるいはラジアルタイヤを選ぶのかを判断するのがポイントと言えるのではないでしょうか。

レクサスのランフラットタイヤ純正装着車とタイヤ一覧

GS ブリヂストンER33(245/40R18),RE030(225/50R17),RE040(245/40ZR18)
IS ブリヂストンER33(225/45RF17・245/45RF17・225/45RF17),RE040(245/40ZR18)
LS ブリヂストンER33(235/50R18・245/45R19)
SC ブリヂストンER33(245/40R18),RE040(245/40ZR18)